白猫


まだ三才の君
昼下がり/私に呉れる/哲学的な眼差し
そんなに見透かさないで

五行歌。独白はこれで行こう。

9月の詩


無理は禁物
笑顔が似合う/君だけど
居間の灯りを/始終点けることはない

人生寄せては返す波。

10月の詩


今までありがとう
言葉は届かなくても/気持ちは通じ合う
だから/自分を責めないで

秋の夜は長いけど、

1月のヒトリゴト


正月気分に浸ると/1月はあっという間
ならばとしきたりを省くのも/日本人としてどうか
ましてや俳人なら

独白には五行歌を。

2月のヒトリゴト


日も延びて/次の準備に取り掛かる頃
南からは球春の便り/かたや北は暴風雪
この国は縦に長い

雪の深さと春のうれしさは。

3月のヒトリゴト


地虫穴を出る頃/花粉や塵が舞う
春の装い/桜の便り
ふわふわと落ち着かない

我が団地は引っ越しラッシュです。

4月のヒトリゴト


桜は花から若葉へ
「もう4月ですよ/早くないですか」
僕は君の倍の年だからね/その恐さたるや

来週はGW。ウソダロ。

5月のヒトリゴト


ぐんぐんと
日が延びて/青葉が色づいて
まぶしく見えるのは/私にもそんなときがあったから

一年で一番好きかも。五月病上等。

6月のヒトリゴト


今年も半分終わり
何かを成し遂げるはずが/それでも
流れは来ている/流れには乗れている

やるか、やらんか。

7月のヒトリゴト


夏本番/感慨も/高揚できる歌もない
私の脳内プレーヤーは
今もサザンときどきユーミン

どちらさまもご自愛のほどを。

| 1/2PAGES | >>

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

calender

weather

selected entries

categories

search this site

archives

profile

links

recent comments

others

mobile

qrcode

sponsored links